アジアの"いま"

鈴木 博
2016/02/24 12:02
  • Check

 2月9日、アース製薬はタイ現地法人のARS Chemical (Thailand)が、カンボジアに子会社ARS Chemical (Cambodia)を設立したと発表しました。資本金は10 万ドル(約1100 万円)。タイと周辺国を海外展開における強化地域として拡充するためとしており、今期中にカンボジアで本格的な事業体制を整備する計画です。
 アース製薬では、カンボジアでは蚊取り線香とエアゾール商品が主力あり、生活環境の改善に向けて販促を強めたいとしています。アース製薬のタイ現地法人は、アセアン内の拠点で、殺虫剤や日用品の製造・販売を手掛け、CLMV諸国(カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)にも輸出しています。今後はカンボジアを皮切りに、周辺国への拡販にも注力していく計画です。

アース製薬の新聞発表
http://www.earth-chem.co.jp/ir/news/pdf/20160209_04_01.pdf

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA