アジアの"いま"

鈴木 博
2016/06/15 17:40
  • Check

 5月20日、カンボジアはシンガポールと二重課税防止条約に調印しました。カンボジアが他国と二重課税防止条約を締結するのは初めてのこととなります。調印は、シンガポールにて、カンボジア財務経済省のオウン・ポン・モニロット上級大臣とシンガポールのインドラニー・ラジャ上級国務相(法務担当)の間で行われました。なお、条約発効には今後両国での批准手続きが必要です。
 二重課税防止条約は、締結国間での二重課税の防止、租税回避脱税の予防のための条約ですが、海外投資や利益送金等への課税の明確化等によって、締結国間の投資・経済交流促進等にも大きな役割を果たすことが期待されます。今回の条約では、シンガポールに親会社・本社や大きな取引先がある場合、税務リスクの低減や、実際の課税額の減少等の効果が期待されます。具体的には、シンガポール向けの配当・利子・ロイヤリティ等への源泉徴収税がこれまでの14%から10%に低減する等の直接的な効果もあるものと見られます。
 日本は、55カ国・地域との間に効力を有する条約を締結していますが、カンボジアと日本との間で二重課税防止条約が締結されるまでには、まだ時間を要するものと見られています。

カンボジア・シンガポール二重課税防止協定(英文です)
https://www.iras.gov.sg/irashome/uploadedFiles/IRASHome/Quick_Links/Singapore-Cambodia%20DTA%20(Not%20in%20force)%20(20%20May%202016).pdf

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA