アジアの"いま"

鈴木 博
2020/05/20 12:11
  • Check

 5月7日、セブン‐イレブン・ジャパンは、タイのCPグループによるフランチャイズで、カンボジアに進出すると発表しました。セブン‐イレブン・ジャパンの完全子会社である7-Eleven,Inc.(米国)は、タイのCP All Public Co.Ltd.の子会社であるCP ALL (Cambodia) Co., Ltd.とマスターフランチャイズ契約を締結し、2021年内を目途にカンボジアにセブン‐イレブンを開店するとのことです。新たにカンボジアでのマスターフランチャイジーとなるCP All(Cambodia)は、1988年にタイのセブン‐イレブン運営会社としてチャロン・ポカパン・グループによって設立されたCP Allの子会社です。CP All は、1989年にタイで初のセブン‐イレブンをバンコクに出店して以来、日本に次ぐ約12,000店舗をタイ国内で展開しています。 

 品揃えについては、世界共通の人気商品、飲料、菓子等と共に、地域の嗜好に合わせた即食性のあるフレッシュフードを展開する計画です。また、タイでは銀行や請求書の支払い、配達等のサービスを提供しており、カンボジアでも同様のサービスを提供する予定としています。

 セブン‐イレブン・ジャパンでは、「今回進出するカンボジアにおいても、世界最大のコンビニエンスストアブランドを背景に、店舗展開、中小小売店の近代化、お客様の利便性向上を目指してまいります。」としています。
 大手コンビニでは、カンボジアには既にサークルKが進出し、多数の店舗を開店しています。セブンイレブンのカンボジア進出計画は、2013年から報道されており、ついに実現したものであり、今後の本格的展開が大いに期待されます。

セブン‐イレブン・ジャパンの新聞発表

https://www.sej.co.jp/company/news_release/news/2020/202005071500.html

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA