アジアの"いま"

鈴木 博
2017/03/22 14:21
  • Check

 カンボジア証券取引所に上場しているプノンペン港湾公社が、昨年度決算に基づき、下記の通り、株主に対して初の配当を実施します。基準日(2017年3月24日) の時点で株主名簿にある株主に配当が支払われます(3月22日までに売買を完了する必要があります)。なお、詳細につきましては、証券会社、支払代理人等にお問い合わせください。

1. 配当の種類:金銭
2. 配当金の期間:2016年
3. 配当性向:6.39%
4. 配当総額:KHR1,059,039,488
5. 一株当たり配当金:KHR 256
6. 基準日:2017年3月24日
7. 払込期日:2013 年3月29日

 一株当たりの配当金は、額面(4000リエル:約1ドル)の6.40%、3月10日現在の株価(5180リエル)の4.94%となります。最初に上場したプノンペン上水道公社の2016年の配当実績は、一株当たり152.57リエル、株価の3.1%と比べると、かなり良い配当と言えます。
 カンボジアの証券市場は、株価。出来高共に低迷が続いており、十分な配当の実施により、株式への資金流入を促進する必要性は高いものと見られます。

カンボジア証券取引所のサイト
http://www.csx.com.kh/company/announce/viewPost.do?MNCD=5040&postId=365#.WMUjqYVOI2w

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA