アジアの"いま"

鈴木 博
2021/05/26 18:36
  • Check

 5月14日、リネットジャパングループ株式会社は、ソラミツ・ホールディングス AGと、カンボジアの中央銀行デジタル通貨「バコン」を軸としたデジタルバンキングサービスの事業化に向けた合弁会社設立を決定したと発表しました。新会社の資本金は10万ドル(約1090万円)で、リネットが8割、ソラミツが2割を出資します。なお、リネットジャパングループは、カンボジアで、自動車リース事業やマイクロファイナンス事業等を展開しています。ソラミツ社は、カンボジア国立銀行の中央銀行デジタル通貨「バコン」の開発に携わりました。
 新会社では、中央銀行デジタル通貨を介した地域経済圏の構築、店舗決裁サービスの提供、個人間送金利用促進アプリの提供、決済(利用)トランザクションデータの取得分析、決済端末の提供等を行う計画です。また、「バコン」バウチャーカードの開発、行政サービス支払いへの利用、土地の権利証トークン化、請求書の作成機能の開発等、様々な可能性を検討するとしています。

 同社では、「ブロックチェーン技術による金融サービス開発に高度なノウハウを有するソラミツ社との今回の提携を起点として、将来的なデジタルバンキングサービスの拡大、デジタル銀行への参入を目指していきます。」とのことです。

 カンボジア国民(15歳以上)の銀行口座開設率は20%程度に留まる一方で、 スマートフォンの普及率は100%を超過し、デジタルバンキングサービス拡大の環境整備が進んでいると言えます。カンボジアの中央銀行デジタル通貨「バコン」の普及促進により、今までは金融サービスへのアクセスが困難であった農村地域を含めて全国的な金融サービスの利用機会を提供することにより、金融包摂に寄与することが期待されます。

リネットジャパングループの新聞発表

https://corp.renet.jp/wp/wp-content/uploads/2021/05/20210514_3.pdf

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA