アジアの"いま"

鈴木 博
2016/03/23 08:41
  • Check

 3月8日、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの堀江正人氏のレポート「カンボジア経済の現状と今後の展望~なぜ日系企業のカンボジア進出が増加したのか?~」が発表されました。
 カンボジア経済の現状(順調に成長を続けてきたカンボジア経済、カンボジア経済の高成長はバブルなのか、「ドル化」したカンボジア経済、輸出は欧米向け縫製品輸出を牽引役として急拡大、経常収支は慢性的な赤字だが投資流入により外貨準備は増加)、日系企業進出先のニューフロンティアとして注目されるカンボジア(カンボジアの経済特別区への進出が目立つ日系企業、今後のカンボジアへの投資を考える上でのポイント)、カンボジア経済の今後の展望・課題(カンボジア経済は堅調さを維持できるか、カンボジアへのFDIの今後の見通し)等について分析されています。
 レポートは、「カンボジア経済は、縫製品、観光、建設などのセクターが堅調で、これらを牽引役として、今後も7%程度の成長率を維持できそうである。そのカギを握るFDI流入を今後も確保できる可能性は高いと考えられる。」としています。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングのサイト
http://www.murc.jp/thinktank/economy/analysis/research/report_160308

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA