アジアの"いま"

鈴木 博
2018/01/03 22:04
  • Check

 12月21日、22日の2日間にわたり、北九州市は、厚生労働省、国土交通省及び北九州市海外水ビジネス推進協議会とともに、姉妹都市であるプノンペンにおいて、「日本カンボジア上下水道セミナー」を開催しました。セミナーには、カンボジア国政府関係者、北九州市上下水道局、厚生労働省、国土交通省のほか、推進協議会の会員企業18社、上下水道関連企業等、約250名が参加しました。2008年より始まったこの催しは、今回で10回目を数え、初めて上水道・下水道分野共同で開催されました。
 セミナーでは、上水道、下水道分野それぞれについて、日本での歴史・現状、日本からカンボジアへの協力、カンボジアでの今後の課題とニーズ、将来計画等について発表がありました。また、日本から参加した民間企業各社からのプレゼンもありました。
 北九州市では、「両国のこれまでの協力関係や本市の強み・今後の展望等をPRし、協力関係の強化を図ります。」としています。

北九州市上下水道局の新聞発表
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000788904.pdf

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA