アジアの"いま"

鈴木 博
2020/12/09 09:49
  • Check

 10月13日、外務省は、「海外在留邦人数調査統計 令和2年版」の結果を発表しました。この統計は、在外公館が2019年10月1日現在で、それぞれの管轄区域内に在留する邦人数を調査した結果を集計したものです。2019年10月1日時点で海外に在留する邦人総数は141万356人で、前年より1万9986人(約1.4%)の増加となり、過去最多を更新したとのことです。国別では、米国に在留邦人全体の約31%(44万4063人)、中国に約8.3%(11万6484人)がそれぞれ在留していて、両国で在留邦人の4 割以上を占めています。3位以降は、オーストラリア10万3638人、タイ7万9123人、カナダ7万4687人、英国6万6192人、ブラジル5万491人、韓国4万5664人、ドイツ4万4765人、フランス4万538人の順となっています。

 カンボジアの在留邦人は、29位の4216人となりました。前年は、29位3934人でしたので、7.2%の大幅増加となりました。これまでの増加を見てみると、2012年1479 人(前年比23.2%増)、2013年1793人(21.2%増)、2014年2270人(26.6%増)、2015年2492人(9.8%増)、2016年3049人(22.4%増)、2017年3518人(15.4%増)、2018年3934人(11.8%増)と毎年大幅増加が続いてきています。10年前の2009年には889人しかいませんでしたので、10年間で5倍近くになっています。

外務省のサイト

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/index.html

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA