アジアの"いま"

鈴木 博
2021/12/01 15:29
  • Check

 11月18日、林芳正外務大臣は、カンボジアのプラック・ソコン外務国際協力大臣と電話会談を行いました。会談で、林大臣は、これまでに築かれた両国の友好関係を基礎とし、プラック・ソコン大臣と協力して、「自由で開かれたインド太平洋」と「インド太平洋に関するASEANアウトルック」の実現に向け、カンボジアとの戦略的パートナーシップを強化していきたいと述べました。また、二国間関係の強化について議論し、2023年の日カンボジア外交関係樹立70周年に向けて、両国関係をさらに盛り上げるべく、緊密に連携していくことで一致しました。シアヌークビル港の開発、貿易振興、コロナ後の人的往来の振興等の二国間協力についても協議されました。プラック・ソコン大臣からは、新型コロナ対策を含むこれまでの日本の支援について謝意の表明がありました。なお、両大臣はミャンマー情勢を含む地域情勢についても意見交換を行い、来年カンボジアがASEAN議長国を務めるにあたり、会議の成功に向けて協力していくことで一致しました。

 林大臣は就任後、各国の外務大臣と会談していますが、途上国の中でカンボジアはかなり早い順番での会談となり、日本がカンボジアを様々な意味で重視していることを伺わせます。「親中」のカンボジアを中国に傾かせ過ぎないようにするために、日本は重要な役割を果たすものと見られ、今後も粘り強い外交が期待されます。

外務省の発表

https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press3_000641.html

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA