アジアの"いま"

鈴木 博
2017/02/15 18:05
  • Check

 2月1日、日本商工会議所青年部とカンボジア若手起業家協会(YEAC)が、幅広い分野でのビジネス開発に向けた覚書に調印しました。調印式には、パン・ソラサック商業大臣、堀之内秀久日本大使も参加しました。定期的に日本商工会議所青年部とカンボジア若手起業家協会の代表団が互いに日本・カンボジアを訪問し、ビジネスに関する経験・知識や情報の交換、共同での展示会開催等を目指したいとしています。今年5月には、まずカンボジア若手起業家協会の代表15名が日本を訪問し、日本商工会議所青年部とビジネスマッチング等を行う予定です。
 調印式で、パン・ソラサック商業大臣は、イオンの開店やANAの直行便等、二国間の投資・貿易関係は深まっており、両国の若手起業家によるビジネス経験の交換等により、カンボジアの雇用拡大に資する事業への投資が行われることを期待すると述べました。また、堀之内秀久日本大使は、カンボジアの政治的安定と順調な経済成長が、日本の投資家を誘致する鍵となるとし、覚書が若手起業家のウィンウィン関係を促進することを期待すると述べました。
 カンボジア若手起業家協会は様々な企業を率いる優秀な若手経営者の集まり(会員数140社)であり、日本の若い経営者と刺激しあって、新たな事業が開始・開発されていくことが大いに期待されます。

日本商工会議所青年部の新聞発表
http://yeg.jp/mou/
カンボジア商業省の新聞発表(英文です)
http://www.moc.gov.kh/en-us/press-center/details/content/211709

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA