アジアの"いま"

鈴木 博
2017/05/17 10:56
  • Check

 東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)と東京経済研究センター(TCER)によるアジア経済統合叢書の第6巻として「タイ・プラス・ワンの企業戦略」(石田正美、梅﨑創、山田康博編著。勁草書房。4500円+税)が刊行されました。存在感を大きく増してきている産業集積地としてのタイの実態を、CLMV(カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナム)諸国に進出している企業の現状および企業の立地戦略、進出対象のひとつである国境開発の現状と課題、インフラ開発の一手段であるPPP(官民パートナーシップ)等から分析したものです。
 内容は、タイ・プラス・ワン企業戦略、タイとCLMV諸国の投資環境、タイ企業の対CLMV投資の戦略と課題、在タイ日系企業のプラス・ワン投資戦略、CLMV諸国におけるタイ・プラス・ワン投資、タイ・プラス・ワンとGVC主導型開発戦略:カンボジアの事例、タイ・プラス・ワン支援のためのタイの経済政策、タイと周辺国の国境開発の現状と課題、タイ・プラス・ワン支援のための越境PPP促進戦略等となっています。
 カンボジアの経済発展に欠かせない「タイ・プラス・ワン」について総合的に分析されたものであり、大変勉強になります。ぜひお手に取ってご覧ください。

勁草書房のサイト
http://www.keisoshobo.co.jp/book/b283189.html

鈴木 博
コンサルタント

カンボジア総合研究所
CEO/チーフエコノミスト


東京大学経済学部卒。海外経済協力基金、国際協力銀行等で途上国向け円借款業務を約30年。2007年からカンボジア経済財政省上席顧問エコノミスト。2010年カンボジア総合研究所設立。日本企業とカンボジアの開発のWin-Win関係を目指して、経済調査、情報提供を行っている。

ブログ「カンボジア経済」 http://blog.goo.ne.jp/cambodiasoken


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA